窯ぐれ日記

toumu.exblog.jp

陶嬉の会、恒例の陶芸研修旅行、

今年も、陶芸研修旅行に11月3日(土)から4日(日)に、行ってきました。初日は、越前陶芸村です。
福井県陶芸館では、昭和56年制作の大壷に、圧倒されます。高さ1,8メートル、重さ約600キロもあります。
土管窯を改良して、7昼夜かけて焼き上げたそうです。


a0052058_20554031.jpg

越前 双耳壷、(室町時代) 自然釉の流れが、いい感じです。


a0052058_210657.jpg

福井陶芸館は、2回目だけど、以前は見られなかった、電動轆轤の実演が,見られました。風来窯の大屋光夫さんに、水滴を挽いてもらいました。


a0052058_21711.jpg

陶芸館となりの、茶苑では、地元作家さんのお茶碗で、一服いただきました。私の茶碗は、山田和さんの志野茶碗です。


a0052058_2138268.jpg

友人も山田和さんの、瀬戸黒茶碗で、


a0052058_21413022.jpg

お昼は、越前焼若手作家さんのうつわで、いただきました。


a0052058_21472781.jpg

2日目は、金沢県立美術館で、日本伝統工芸展金沢を鑑賞しました。最終日で、賑わっていましたが、朝一番で、陶芸中心で、鑑賞しました。


a0052058_21532257.jpg

お昼に、九谷陶芸村に着きました。この日は、九谷陶芸村祭りの最終日、こちらも賑わっていました。
能美市浅蔵八十吉美術館は、祭りで入場無料で、入館できました。茶席では、お茶を点てていただきました。


a0052058_2274840.jpg

能美市九谷陶芸館では、薪窯たいていました。1240℃超えたので、1100℃まで、温度を下げるそうです。


a0052058_22131031.jpg

今年、5月のゼーゲルコーンと色見が、置いてありました。私たちとは、違います。


a0052058_2219861.jpg

石川県立九谷焼技術研究所も見学できました。研究生の作品が展示されていました。


a0052058_22232919.jpg



a0052058_22243475.jpg

多分、初めて見たのかな? 上絵付けの、錦窯も、見られました。


a0052058_22271794.jpg

施設が、充実しているのには、驚きました。ガス窯も、2基設置させていました。隣には、自立支援工房、貸しギャラリーも、



a0052058_22302180.jpg

初日は、素朴な焼き締めの越前焼、2日目は、綺麗、細密の九谷焼と、2日間、たっぷり見てきました。
[PR]
by toumu-k | 2012-11-05 21:07 |